グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


沿革


ホーム >  会社案内 >  沿革

ヤマザキの沿革をご紹介します。
明治23年(1890年) 山崎惣吉が、鰹節、塩乾魚加工と桜えびの加工を主体とする事業を開始する。
昭和29年(1954年) 煮豆製造を開始すると同時に、(株)山崎兼吉商店と称号を改称。山崎愛太郎が代表取締役に就任する。
昭和47年(1972年) 社名(株)ヤマザキに変更。
昭和51年(1976年) 資本金を1,000万円に増資。佃煮の製造中止、煮豆、惣菜類の製造へと大きく方向転換を図る。
平成元年(1989年) CVS向けフレッシュサラダ、惣菜の製造部門として、静岡市に(株)ユニデリを設立。
平成3年(1991年) 山崎寛治が代表取締役社長に就任。浅漬の専門工場・(株)デイリー開発静岡を設立。
平成5年(1993年) 業務の拡大にともない、煮豆の製造部門(株)豆を食べる会を設立。
平成6年(1994年) 榛原郡吉田町にて、(株)豆を食べる会・吉田工場稼動。
平成7年(1995年) 庵原郡蒲原町(現静岡市清水区)にて、(株)ユニフーズを設立。
平成8年(1996年) 榛原郡吉田町にて、(株)ユニフーズ吉田工場稼動。
平成11年(1999年) 惣菜店Q膳鷹匠店開店。
平成13年(2001年) イタリアンレストラン オーリオ開店。
平成16年(2004年) 中国安徽省合肥市合肥禾味食品有限公司を設立。
平成18年(2006年) 禾味麺館(ラーメン店)第一号店オープン。
平成19年(2007年) 榛原郡吉田町にて、(株)ユニデリ移転工場稼動。(株)ヤマザキ吉田大幡工場稼動。
平成20年(2008年) (株)豆を食べる会工場移設。
平成21年(2009年) 東京営業所開設。受注センター移転。
平成22年(2010年) 営業本部移転。大阪営業所開設。ヤマザキグループ開発センター開設。
平成23年(2011年) 静岡市清水区にて(株)ヤマザキ蒲原第二工場稼働、ユニフーズにてパウチ惣菜ライン稼働。
農業生産法人(株)ファームヤマザキ、農業法人(株)ファームオホーツクを設立。
平成24年(2012年) 北海道旭川市にて(株)ヤマザキ旭川工場稼働。
平成26年(2014年) 農業生産法人(株)アグロ・ヤマザキを設立。
平成27年(2015年) 山崎寛治が代表取締役会長に、山崎朝彦が代表取締役社長に就任。福岡営業所開設。
平成28年(2016年) 農業生産法人(株)アグロ・伊那を設立。
平成29年(2017年) 農業生産法人(株)ファーム曽於、(株)北海シーウィード、(株)アグロ・テクノサービスを設立。
ヤマザキグループ総合研究所開設。